スポンサード リンク
スポンサード リンク

がん保険 豆知識記事一覧

上皮内新生物(上皮内がん)というものは、粘膜の上の層である上皮の内側に腫瘍ができている状態です。主に大腸などの粘膜や子宮頸部にできます。肺がん・肝臓がん・すい臓がん・食道がん・膀胱がんも、まずはその内蔵の上皮内組織に発生します。CIN:子宮頚部上皮内腫瘍SIL:扁平上皮内病変悪性新生物まわりの正常な組織に侵入(浸潤)、血管やリンパ管を通って別の部位に飛び火(転移)、本来正常な組織が吸収しようとして...

がんの治療はなんといっても早期発見にかかっています。1 検診・健診年に1度はがん検診を受けましょう2 早期発見早期に発見できれば治療費も少なく済みます3 早期治療早期の手術できれば5年生相対生存率も飛躍的に高まる4 がんを克服

どの保険商品も給付金の請求には時効があります。多くの保険会社では、支払事由が生じた翌日からその日を含めて3年間請求がないと、請求する権利が消滅してしまいます。権利を放棄してしまっては加入している意味がないので、くれぐれも時効前に手続きをしておきましょう。約款には必ず記載してあるので、一度読んでおくと良いでしょう。

保険屋さんから話を聞くと、「保険証券」を紛失される方が多いようです。いざ給付金を請求する時になって、保険証券が紛失している事に気がつきます。時間に余裕がある時ならまだしも、もし時効直前だったらきっと騒ぎになりますね。通常、給付金等の請求には「給付金請求書(保険会社所定の書類)」・「医師の診断書(保険会社所定の書類)」・「保険証券」が必要になります。給付金請求書と医師の診断書の用紙は請求する時に保険...

個室や少人数の部屋を希望して入院した場合の大部屋との室料差額(上乗せされる部屋やベッドの使用料)のことをいいます。差額ベッド代は全額自己負担となります。なお、大部屋に入院した場合は室料差額は発生しません。差額ベッド代が必要な部屋の基準1病室のベッド数が4床以下病室の面積が1人あたり6.4㎡以上ベッドごとにプライバシーの確保を図るための設備を整えている個人用の収納設備や机・椅子・照明設備が整っている