スポンサード リンク

医療保険の「がん特約」じゃ補えない?

 

病気に備えて「医療保険」に加入している方も多いと思います。しかし、結論から言いますと医療保険ではがん治療の費用は補えません。

 

医療保険は保険料も安く多くの方が加入しています。でも、しっかり内容を確認しましたか?多くの医療保険はがん診断給付金が無く、1入院日数の期限が限定されています。

 

医療保険とがん保険 給付金比較

医療保険 がん保険
 保証対象 病気(がんを含む)やケガ がん
 がん診断給付金 無し 有り
 1回の入院日数限度 60日や120日など限度がある 何日でも保障
 通算の入院日数限度 1000日・1095日など限度がある 無制限
 入院給付金日額 5000円・10000円 5000~30000円

 

 胃がんに罹った場合の「医療保険」と「がん保険」を比較してみます。

 

例)胃がんに罹り、入院10日、腹腔鏡手術を行った場合

医療保険
(院給付日額1万円・手術給付20万円 一般的な医療保険)

 

入院給付金日額1万円×10=10万円
手術給付金20万円

 

合計 30万円

がん保険
(入院給付日額1万円・手術給付20万円・診断給付金100万円 一般的ながん保険)

 

入院給付金日額1万円×10=10万円
手術給付金20万円
がん診断給付金100万円

 

合計 130万円


医療保険のみではがんに対応できない?

医療保険は保険料負担が少ないのですが、保障も少ないのです。

 

化学療法(抗がん剤治療)など通院治療にかかる費用や、治療後の定期検査(1年目は1万円、2年目以降は3万円)など医療保険では補えません。

 

がん保険であれば、がん診断給付金で「定期検査」の費用や「抗がん剤治療」の費用(もちろん限度がありますが)にも対応できます。

 

がん治療は抗がん剤治療など中長期的になるケースも少なくありません。高額療養費制度があるとはいえ出費が多くなりますし、抗がん剤など保険適応外の薬になる事もあります。

 

がん診断給付金があることによって治療の選択肢も広がりますし、経済的な負担を解消してくれるのではないでしょうか?

 

 

医療保険のみで「がん」に対する備えが不安であれば、特約など一切付加せず「がん診断給付金」のみのプランを選び、できるだけ保険料を抑えましょう。

 

診断給付金100万円プラン一覧表へ

 

スポンサード リンク

医療保険じゃ補えない?記事一覧

一般に各種「特約」を付加した生命保険の商品は割高とされています。死亡保障部分の価格など、ネット生保で同じ大きさの保障を持つ場合と比較すると、倍に近い設定になっていたりします。何か特別なサービスがあるからではなく、定着率が低い営業集団を抱えていることや、高給取りが多いことなど、要するに会社の都合で保険料が高いそうです。加入時期にもよりますが、健康状態が許すのであれば見直しを検討する価値は十分にあると...