無料相談前の現況確認

自分自身でがん保険を選びきれない場合におすすめするのがFP(ファイナンシャルプランナー)との無料相談です。

 

もちろんがん保険について、何の知識がなくてもプロがいろいろと教えてくれますが、相談者本人がある程度がん保険や現況を把握しておくだけで、相談が有意義なものになると思います。

 

がん保険に加入する前に最低限確認しておくことを紹介します。

 

 

会社員・自営業

 

家計の収支と貯蓄

 

 

 


無料相談前の現況確認記事一覧

多くのFP(ファイナンシャルプランナー)が確認してきます。理由は以下の通りです。会社員か自営業かにより、民間の保険会社にどれだけ重点を置くか確認するため会社員の場合、会社から健康保険の疾病手当金が支給されることなどを確認し、その結果をもとに民間保険の必要性を考える自営業の場合、収入や貯蓄によって民間保険の加入を考える(会社によって福利厚生制度も違ってきます。団体保険に加入している方はそちらも確認し...

保険商品とは決して安くありません。加入すれば終身払いであれば終身まで、定期であっても短い保険でも5年間保険料を払い続けます。がんという病気は年齢を重ねるほど罹患する確率があがりますので、更新時に解約することは稀です。長い間支払っていく保険料ですので、収入と支出・預貯金を把握しましょう。収入と支出で保険料のバランスを見極め、預貯金で急な医療費に対応できるか把握しておきましょう。もしあなたが保険の無料...

家族構成も必ずといって聞かれます。その意図はあなたの収入に頼る人がいるかいないかの確認。(治療が長期になった時の影響を考えて)あなたが入院中に医療費以外の支出に関して心配があるかの確認闘病中、家族の家計の状況を予測するためがんによる収入減に対しての補填の必要性とその金額を判断するためがん保険はあなたのためはもちろん家族のためでもあります。