スポンサード リンク

AIG富士生命 がんベスト・ゴールドα

 


 

 

 

富士生命がんベスト・ゴールド口コミと評判

36歳 男性
がん診断給付金の大きさで決めました。いろんながん保険を見比べましたが「がんベスト・ゴールド」の診断給付金を上回る保険はありませんでした。代理店や治療支援団体が絶賛しています。

 

 

48歳 女性
一時金の魅力もそうですが、セカンドオピニオンの提供や優秀専門医の紹介、医療相談といったサービスを無料で受けられるので独身には安心かな?と思い加入しました。

 

 

40歳 女性
はじめは外交員に怖いイメージをもってましたが、話を聞くとさすがプロだなって思いました。こちらがわからない事はわかりやすく説明してくださり、納得した上で加入しました。保険の外交員のイメージが変わりました(^^)

 

34歳 女性
がん保険の見直しで富士生命のがんベスト・ゴールドにしました。以前加入したがん保険では、加入後の問題点を解決しないまま契約させられ、とても不愉快な思いをしましたが、今回の担当の方は保険の内容も保障もこちらが理解しるまで親身になって教えてくれました。とても満足しています。

 

富士生命 がんベスト・ゴールド 特徴

 

主契約が診断給付金のみという商品です。特約もわかりやすくセットではなく単品で付加できるので、必要な保障だけ選べます。一時金の給付金額はがん保険の中でトップです。

 

2010年10月の発売から2011年の8月までに加入者が4万人を越えた人気商品です。人気の要因はがん保険の一時金(がん診断給付金・がん初回診断一時金)で500万円一括支給されるのと、一度がんと診断されたら以後の保険料の支払いは不要になり、加えてがん診断給付金が何度も受け取れることでしょう。

 

保険の情報誌で紹介されたり、口コミでも評判がいいです。

 

AIG富士生命公式サイトへ

 

 

富士生命 がんベスト・ゴールド 簡易詳細

 

保険期間・加入年齢

保険期間

 終身型

契約年齢

 終身型 20歳~75歳

プラン

 プラン A
 プラン B
 プラン C

待ち期間  90日間
申込み方法

 対面
 通販(資料請求)

 

がんベスト・ゴールド 給付金の種類と給付金額

主契約 プランA プランB プランC
 がん診断給付金

100万円

100万円

200万円

 

特約 プランA プランB プランC
 がん初回診断一時金

100万円

200万円

300万円

 がん先進医療給付金

通算限度1.500万円

1療養500万円まで

通算限度1.500万円

1療養500万円まで

通算限度1.500万円

1療養500万円まで

 がん入院給付金

日額

10.000万円

日額

15.000円

日額

20.000円

 がん手術給付金

20万円

30万円

40万円

 特約がん死亡保険金

100万円

200万円

300万円

 がん無事故給付金

10万円

15万円

20万円

 

がんベスト・ゴールド 月々の保険料

500万円一括給付はプランCです。

月々の保険料

① プランA

主契約のみ

男性 / 女性

② プランA

主契約+初回診断特約

男性 / 女性

③ プランC

主契約+初回診断特約

男性 / 女性

25歳

1.110円 / 950円

1.690円 / 1.500円

3.960円 / 3.550円

30歳

1.370円 / 1.110円

2.070円 / 1.760円

4.960円 / 4.170円

35歳

1.700円 / 1.300円

2.560円 / 2.040円

6.000円 / 4820円

40歳

2.150円 / 1.490円

3.210円 / 2.330円

7.480円 / 5.500円

45歳

2.730円 / 1.680円

4.060円 / 2.630円

9.450円 / 6.210円

50歳

3.480円 / 1.850円

5.140円 / 2.880円

11.940円 / 6.790円

55歳

4.390円 / 2.060円

6.480円 / 3.190円

15.050円 / 7.510円

60歳

5.530円 / 2.310円

8.130円 / 3.580円

18.860円 / 8.430円

がん診断給付金

+

がん初回診断一時金

100万円

100万円

+

100万円

200万円

+

300万円

 

AIG富士生命公式サイトへ

 
スポンサード リンク