スポンサード リンク

なぜ、がん保険が必要?

がん保険の必要性

がん保険の必要性ですが、100万円〜200万円の現金が用意できて、生活が苦しくならないのであれば必要ないと思います。

 

 

がんと診断された場合、まず手術を考えます。手術のための入院費用や手術費用、働いている方なら収入も減ります。初期のがんであれば完治も期待できますが、浸潤や転移をおこしている場合は抗がん剤治療に移り、中長期的な治療となります。

 

 

がん保険の必要性を考える時にひとつの基準として、自分がもし「がん」になったらどうなる?という事を予想してみることです。

 

がんになった時、手元の現金でどれくらい用意できるかです。足らない分をがん保険でまかなうように考えると合理的です。1度がんと診断されてしまうと、今後がん保険に加入することはまず不可能です。がんになってからはがん保険を選びたくても選べませんので健康体のうち考えましょう

 

がん保険 診断給付金100円プラン一覧へ

 

スポンサード リンク

がん保険の必要性記事一覧

がん治療は短期間で完治するケースもありますが、中長期的になる場合がほとんどです。手術費用や入院費、働いている方は収入の減少も考えねばなりません。がん3大治療の一つ「化学療法」(抗がん剤)は健康保険が適用されるものの、がん治療が長引けば経済的に負担となります。先進医療の「重粒子線治療」や「陽子線治療」なども約300万前後の費用が必要で、全て自己負担となります。がん治療は、お金がかかるのです。がん治療...

「二人に一人ががんになる時代」  「日本人の死亡原因の1位」よく聞く言葉ですが、「二人に一人ががんになる時代」は実際は高齢となって初めて言える数字です。しかし、現代の生活環境や食の変化によって、若年層でもがんに罹患する人は増えているのが現状です。「死亡原因の1位」というのは、がん闘病中の合併症によって亡くなるというのが多くを占めているそうです。一昔前までは「がん」と言えば不治の病とされ、罹患した方...

がんという病気は一般的な病気と違い、手術が成功しても再発や転移をする可能性があります。がんの進行度や個人差など様々な要因がありますが、がんは一般的な病気と違い完全に完治するまで長い時間を要します。がんになって入院して手術をし、退院したからといって完治したという訳ではありません。現在のがん治療は入院から通院にかわってきており、手術後に通院にて治療を受ける人がほとんどです。かかる病院が遠方にあるだけで...