昔に加入したがん保険

がん保険は1974年にアフラックが発売して以来30年以上経ちます。現在発売されているがん保険と中身が変わってきており、がん保険の加入時期や年齢によっては、「入り直し」を検討したほうが良いケースもあります。

 

例1) 48歳 男性

 

1991年29歳の時にアフラック「スーパーがん保険」に加入。終身払い月々3940円。

詳細

 

 

例2)38歳 女性

 

2009年35歳の時にアフラック「がん保険f(フォルテ)に加入。終身払い月々3381円。

 

詳細

昔に加入したがん保険記事一覧

現在48歳 男性 1991年当時29歳 アフラック「スーパーがん保険(家族型)」加入。終身払い月々3940円近年のがん保険との違いは以下の4点です。家族契約 (※「家族契約」とは配偶者と23歳未満の同一戸籍の子供)診断・通院給付金と死亡保険・払戻金が65歳以上に達すると半額に」なる「在宅療養給付金」と「通院給付金」の給付は20日間以上継続の入院が条件で支払われる死亡保険金の金額が大きい近年のがん保...

現在38歳 女性 2009年に「がん保険f(フォルテ)に加入した例です。保健料:終身払い 3.381円見直しのポイントは「診断給付金」のみにこだわり、保健料を抑えるプランです。比較するのはネクスティア生命の「カチッと終身がん保険」です。「フォルテ」の診断給付金は100万円ですが、最初の診断後2年目から5年目までの4年間、毎年10万円の「ライフサポート年金」(診断給付年金)が支払われた場合には合計で...