スポンサード リンク

【本人型】と【夫婦・家族型】 どう違う?

 

夫婦・家族型のメリット

 

夫婦、家族が一人一人が加入するよりも保険料が安く抑えられる

夫婦・家族型のデメリット

 

主契約者以外の家族は給付される保険金額が6割ほどになるなどの保証が薄くなる

「家族特約」と「家族型」

「家族特約」の場合は主契約者が亡くなると消滅します

 

仮に被保険者が死亡し、保険が消滅してしまう商品の場合、妻が病気をしていて他の保険への加入が厳しいときには困ります。
保険料が免除されて契約が継続される商品もありますが、その分保険料は割高になります。家族型に加入する場合は注意しましょう。

 

中には新しい商品で、妻や子の給付割合が8割まで拡大した会社もあり、自由度も増してきています。

「本人型」と「家族型」どちらを選ぶ?

家族型で加入した場合、離婚や別居した場合や被保険者が死亡された場合、自分が被保険者でなければ現在の年齢の保険料で保険に一から告知し加入する必要があります。加入時点での健康状態によっては、保険に加入したくても加入できない可能性もでてきます。

 

以上のことから、長期的にみると単独加入が良いと思います

スポンサード リンク