スポンサード リンク

がん保険の給付金

保険会社13社・16商品の資料請求をして徹底的に調べました。

 

がん保険の各給付金の詳細と保険会社の給付内容の比較表を掲載しています。

 

給付内容を比較した保険会社・商品

 

  • アクサ生命

    「治療保障のがん保険」
    「収入保障のがん保険」

  • アフラック

    「生きるための保険Days」
    「Days コサージュ」

  • アメリカンホームダイレクト

    「みんなのほすピタる」

  • オリックス生命 「Believe」
  • セコム損保 「メディコム」
  • ソニー損保 「シュア」
  • チューリッヒ 「がん保険2007」「終身がん保険」
  • 東京海上日動あんしん生命 「がん治療支援保険」
  • ネクスティア生命 「カチッと終身がん」「カチッとがん保険」
  • 三井住友海上あいおい生命 「新がん保険α」
  • 富士生命 「がんベスト・ゴールド」
  • メットライフアリコ 「がん保険終身タイプ」
  • NKSJひまわり生命 「勇気のお守りソレイユ」

 

給付金の種類

がん保険には様々な種類の給付金があります。給付金の種類を知り、どの給付金が必要か確認しましょう。保険会社別「給付金比較表」を掲載しています。がん保険給付金の種類

給付金の種類

 

主契約に多い給付金

 

どの保険会社でも扱うだけに重要な給付金です。

 

 

 がん診断給付金
がんと診断されたときに支給される給付金。給付金の中で一番手厚い保険金となります。
保険商品によって「1回のみ・複数回」や「上皮内がん」に対する保障が変わります。

 

 

 

 

 がん入院給付金
がん治療が原因として入院すると給付されます。
入院一日につき10000円(入院給付金日額)などで計算されます。

 

 

 

 

 がん手術給付金
がん治療のために所定の手術を受けたときに給付されます。
入院給付金日額を基準に給付金を計算しますが、保険商品によって計算方法が違います。

 

 

 

 

 がん通院給付金
がん治療を目的に通院したときに給付されます。保険商品により給付対象期間や給付条件が違います。現在、がん治療は入院から通院へと大きく変わってきているため、重要視される給付金です。

 

 

 

特約に多い給付金

 

選べるものから、始めからプランに組み込まれているものもあります。

 

 がん先進医療特約
公的医療保険制度(国民健康保険など)で補えない費用(先進医療技術料など)を保障する給付金。

 

 

 

 

 がん治療給付金
がん治療を中・長期的な継続治療を行なっていく上での負担を保障する給付金です。

 

 

 

 

 ガン退院給付金        
がんで入院し、退院時に支給される給付金。退院一時金。

 

 

 

 

 長期支援給付金
がんが再発したときの一時金や、年金のように給付されるものがあります。

 

 

 

 

 がん死亡給付金
がんが原因で亡くなったときに支給されます。

 

 

 

 

 がん無事故給付金
保険期間中にがんに罹患しないと給付される。

 

 

 

 

保証内容による分類

種類 特徴 加入理由(例)
給付金タイプ

一般的ながん保険です。
がんと診断されると、まとまった給付金が支給されます。
入院・手術給付金などの特約を選択できます。

預貯金が無く、入院・手術の前にお金が必要。
どのようながんに罹患するかわからないので、広範囲でがんのリスクに備えたい。

実損填補タイプ

損保系に多いがん保険。
健康保険の3割負担の医療費や自由診療の費用も補償する保険もある。

医療費はもちろん、治療に関わる諸経費や自己負担も減らしたい。
収入保障タイプ

がんになり、仕事ができずに収入が減ってしまうというリスクを保障する保険。
年金のような形で保険期間が満了するまで給付金が支給される。

がんになり、働けず収入が減ってしまう心配から。
スポンサード リンク

がん保険 給付金記事一覧

がんと確定診断されたときに支給される給付金多くのがん保険の商品に「診断給付金」が付加されています。がん保険の中で一番手厚い給付金です。がん保険の柱となる給付金と思ってください。がん診断給付金は、医師にがんと診断確定される事が条件で受け取れる給付金です。がんの診断確定後に支給されるので、これからがん治療を行なっていく上で非常に心強いと思います。治療費はもちろん、その他にかかる出費までもカバーできるの...

がん治療を目的に所定の病院に入院したときに支給される給付金がん保険のメイン給付金の1つです。ほとんどの会社のプランが入院1日目から入院数が無制限で保証されています。長期入院しても、入退院を繰り返しても日数分しっかり支給されるのが「がん入院給付金」の特徴です。主契約として設定されている場合が多いです。給付条件 がん・上皮内がん治療目的で入院

「がん」が原因で手術した場合に支給される給付金がん保険のメイン給付金の1つです。「がん」の治療を直接の目的とし、約款の表に定める手術をした場合に保険会社から支払われるものです。給付条件各保険会社の定める、がん治療目的の手術を行った場合

がん治療のための通院に対して支給される給付金です保険会社・商品によって1回の通院に対しての限度日数や、保険期間中の通算限度日数が異なります。特に給付条件は商品によってかなり違いがあるので確認しましょう。給付条件入院給付対象となる入院をして、退院後に入院の原因となったがん治療を目的とした通院入院給付対象となる入院をして、退院後に入院の原因となったがん治療を目的とした通院 ※日帰り入院も可診断確定され...

先進医療技術料の負担をカバーするための給付金がん治療の際に先進医療を利用した場合、検査・診察などの一般の保険診療と共通する部分は公的医療保険制度の対象(保険診療)になりますが、先進医療の技術料に関しては、保険外診療扱いで全額自己負担になってしまいます。先進医療の負担水準は様々ですが、特にがん治療で例にあげられる「陽子線治療」や「重粒子線治療」のように300万円前後の負担になるものもあります。それら...

がんで一定の期間入院し、退院後に支給される給付金がん治療後に無事退院されてから、再発防止のための検査・健診、通院にかかる費用などを様々な負担がかかります。退院後のサポートを目的とした給付金となります。給付条件 がんによる入院後、各保険会社の定める継続入院後に退院した場合

がんで死亡した場合に給付される給付金がんで死亡した場合に給付金が支払われないプランが多く、給付されるプランも10万円~200万円程度と、死亡保険に比べると低く設定されています。

がんと確定診断され、長期間のがん治療のための給付金年金のように給付されるものや、がんが再発したときに給付されるものなどがあります。

がんの3大療法(外科療法・化学療法・放射線療法)に対して支給される給付金現在日本で主流とされている「がん治療の3大療法」とも呼ばれ、癌(がん)にかかってしまった場合の一般的な治療法となります。この3大療法に対する給付金となります。手術給付金一覧はこちらです

規定の年数、がんに罹患せずご健在であれば支給される給付金

がん保険の重要ポイントがん保険の最大のポイントは診断給付金といっても過言ではありません。診断給付金の金額は商品によって選択可能ですが、下記の表は診断給付金100万円で特約を付けていない基本(ベース)プランの月々の年代別保険料の一覧です。がん保険に対して「最低限必要な保障でかまわない」とお考えであれば参考にしてくだい。診断給付金100万円プラン 月々の保険料一覧商品詳細30歳40歳50歳 ネクスティ...