スポンサード リンク

自営業の方向きのがん保険の選び方

近年、仕事が多様化し自営業や独立、転職などで会社の福利厚生制度に頼れない人が増えてきています。

 

会社員であれば福利厚生制度によって、ケガや病気で会社を休むことになってもすぐに収入に影響しません。しかし、自営業者にはそういった保証はありません。自営業者の多くは体が資本という働き方をしている方が多いのですが、万が一働けない状況になった時を想像してみてください。

 

特にがんは治療費がかさむ病気です。再発して入退院を繰り返したり、先進医療(保険対応外)を利用する可能性もありますので、しっかりと準備することが必要です。


働き盛りの自営業者は?

自営業で30代~50代の働き盛りで一家の大黒柱の方ががんになった時、大事な時期に入院・治療のため収入が減り、治療費がかさむというリスクに備える事は大事です。

 

せっかく貯めてきた貯蓄を緊急の手術・治療のために切り崩さなければなりません。そういった事にならないように準備しておくことが大事です。

 

働き盛りの方や、子供がいる世帯主の場合

 

がんの罹患率は高齢になるほど上がっていきます。「子供のため、家族のため」と働く大黒柱ががんになった際、本当に治すための治療に専念できるように、そして家族が自立できるまでの期間をしっかり保証されるだけでも安心するのではないでしょうか?

 

家計を考えると保険に依存し続ける期間は短ければ短いほどいいはずです。また、子育て中の方々の多くは死亡保険に加入されている方も多いと思います。出費がかさむ時期を「定期」で乗り切り、後々は保険料を浮かして貯蓄を増やし、保険から卒業を目指すべきです。

 

働き盛りの自営業の方に向いているがん保険はセコム損保のメディコムネクスティア生命のカチッとがん保険がおすすめです。

 

スポンサード リンク