がん手術給付金

スポンサード リンク

がん手術給付金とは?

 

「がん」が原因で手術した場合に支給される給付金

 

 

がん保険のメイン給付金の1つです。「がん」の治療を直接の目的とし、約款の表に定める手術をした場合に保険会社から支払われるものです。

 

給付条件

 

各保険会社の定める、がん治療目的の手術を行った場合

手術給付金の算出方法

 

手術給付金は入院給付金の日額を基準に計算され、以下の2パターンにわかれます。

 

 

パターン1 入院給付金日額の一律20倍

 

(例)

入院給付金日額が1万円の場合、手術給付金は20万円

入院給付金日額が3万円の場合、手術給付金は60万円

 

パターン2 手術の種類により、入院給付金日額の10倍・20倍・40倍

 

約款の手術給付金の種類 手術の概要 給付倍率・金額
悪性新生物(根治治療)

ファイバースコープまたは血管・バスケットカテーテルによる手術を除く

悪性新生物の原発巣や浸潤にて広がった周囲の臓器を切除・摘除・摘出し、転移した可能性のある周囲のリンパ節を除去する手術

40倍

 

入院給付金日額1万円の場合

40万円

悪性新生物(温熱療法)

 

施術の開始日から60日の間に1回の給付を限度としている

熱に弱いがん細胞の性質に着目し、マイクロ波やラジオ波などの電磁波を使用し、がん細胞を加熱し死滅させる治療法

10倍

 

入院給付金日額1万円の場合

10万円

悪性新生物の手術その他

ファイバースコープまたは血管・バスケットカテーテルによる手術を除く

転移や再発病巣のみ切除・摘除・摘出したり、あるいは転移・再発病巣と、その周辺部分のみを合わせて切除・摘除・摘出する手術

20倍

 

入院給付金日額1万円の場合

20万円

新生物根治 放射線照射

※給付条件は50グレイ以上の照射量が必要。また施術の開始日から60日に1回の給付を限度

X線やγ線などの電磁波をがんの病巣に照射し、がん細胞を死滅または縮小させる治療法

10倍

 

入院給付金日額1万円の場合

10万円

 

上記の表を見ると、同じ悪性新生物に対する治療も10~40倍もの開きがあります。
特に根治手術は、メスを入れて行う外科手術ですので高い倍率になります。

 

同じメスを入れる手術でも悪性新生物を原発巣を摘出する手術(40倍)と、転移や再発した場合の手術(20倍)と倍額変わってきます。

 

がん手術給付 比較

保険会社

商品名

契約類

給付金算出方法

手術給付金額

アクサ生命

 

主契約

 

基本給付金日額×2

基本給付10万→20万円

アフラック

 

主契約

 

入院給付金日額×20

入院日額5000円→10万円
入院日額10000円→20万円

アメリカンホームダイレクト

 

特約

「がん手術保険金」

定額

A:入院5万円 日帰り手術1.5万円
B:入院10万円 日帰り手術3万円
C:入院20万円 日帰り手術6万円

オリックス生命

 

主契約

 

基本給付金×20

基本給付金1万円→20万円
基本給付金2万円→40万円

ソニー損保

 

主契約

 

手術の種類に応じて

ベーシック:5・10・20万円
スマートフィット:5・10・20万円
ワイド:5・10・20万円

チューリッヒ生命

 

主契約

 

手術の種類に応じて

1口プラン:20万円
2口プラン:40万円
3口プラン:60万円

チューリッヒ生命

 

主契約

 

定額

50万円プラン:20万円
100万円プラン:20万円
200万円プラン:40万円

東京海上日動あんしん生命

 

特約

「がん手術特約」

入院給付金日額×20

D・H:20万円 C・G:30万円
B・F:40万円 A・E:60万円 

ネクスティア生命

 

特約

「がん手術給付特約」

定額

シングル:無 充実:10万円
ボーナス:10万円 女性充実:10万円  女性ボーナス:10万円

三井住友海上あいおい生命

 

主契約

 

入院給付金×20

10000円プラン:20万円
15000円プラン:30万円
30000円プラン:60万円

富士生命

 

特約

「がん手術給付金」

入院給付金日額×20

10000円:20万円
15000円:30万円
20000円:40万円

メットライフアリコ

 

主契約

 

手術に種類に応じて

10万円・20万円・40万円

NKSJひまわり生命

 

主契約

 

手術に種類に応じて

1万円プラン:10・20・40万円
2万円プラン:202・40・80万円

 

手術給付金 注意点

 

「10~40倍」

昔から主流の手術給付金ですが、倍率によって金額差を設けると実際給付の段階で医師の診断書の審査などで時間がかかったり、倍率をめぐって意見がわかれ、さらに時間がかかることがあります。

 

「一律20倍」

現在の主流になりつつある手術給付金です。保険料を抑えられ、従来のようなわずらわしい事がなくシンプルです。

 

がん手術給付金 まとめ

同じ術式でも20倍と40倍の違いがでる為、どこに重点を置いて考えるか認識する必要があります。

 

がん手術給付金の保障はあるに越したことはありませんが、がん診断給付金で手術費用をカバーできることを踏まえて、手術給付金の保障を付けずに保険料を抑えるといった方法もあります。

スポンサード リンク
page top