胃がんの治療費

スポンサード リンク

がん部分別 平均治療費

胃がん

 

胃がんの治療方法は、早期がんの治療から順に【内視鏡治療・縮小手術・定型手術・拡大手術】となっています。

 

治療方法 治療費 自己負担

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

 

内視鏡的粘膜下層剥術(ESD)

752.000円

 

884000円

225.600円

 

265.200円

縮小手術

(定型未満)

 

 

1.587.000円

 

476.100円

定型手術

「3分の2以上切除」

(全部あるいは3分の2)

 

1.961.000円

 

588.300円

 

拡大手術

 

 

2.330.000円

 

699.000円

胃がん ステージ別 治療詳細

こちらでは胃がんの進行度によって行う治療方法とそれに伴う治療費を説明しています。

 

  進行度Ⅰ期 状態

 

(A)

  • リンパ節転移がなく、粘膜下層にとどまっている。

(B)

  • リンパ節に転移がないが、筋層または漿膜下層まで浸潤している。
  • 胃に接したリンパ節に転移があるが、粘膜下層までの浸潤。

 

内視鏡的粘膜切除手術(EMR)

 

内視鏡の先からワイヤーを出し、がん部分を焼き切る治療。

 

治療費総額 752.240円

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

 

内視鏡の先からワイヤーを出し、がんと周りの一部粘膜をはぎ取る治療。

 

治療費総額 884.340円

縮小手術(定型未満)

 

胃全体の3分の2未満を切除し、同時に胃の近くのリンパ節の一部を切除する治療。

 

治療費総額 1.587.062円

腹腔鏡手術

 

腹部に数カ所穴をあけ、そこから小さなカメラとメスを入れてがんを切除する治療。

 

治療費総額 1.593.642円

定型手術「胃3分の2以上(全部あるいは3分の2)切除」

 

胃の3分の2以上と近くのリンパ節を切除する治療。

 

治療費総額 1.659.578円

胃がん Ⅱ期ステージ 治療法と治療費

 進行度Ⅱ期 状態

 

  • リンパ節転移はないが、漿膜を越えて胃の表面まで浸潤している。
  • 胃に接したリンパ節に転移があるが、筋層または漿膜下層までの浸潤。
  • 胃に流れ込む血管に沿ったリンパ節に転移があるが、粘膜下層までの浸潤。

 

定型手術「胃3分の2以上(全部あるいは3分の2)切除」

 

胃の3分の2以上と近くのリンパ節を切除する治療。

 

治療費総額 1.961.378円

定型手術・再発予防薬物療法

 

胃の3分の2以上と胃の近くのリンパ節を切除後、再発予防目的で経口の抗がん剤を1年間服用する治療。

 

治療費総額 2.936.688円

 

胃がん Ⅲ期ステージ 治療法と治療費

 進行度Ⅲ期 状態

 

(A)

  • リンパ節転移はないが、胃の表面に出て、他臓器(結腸や膵臓)まで浸潤。
  • 胃に接したリンパ節に転移があり、漿膜を越えて胃の表面まで浸潤。
  • 胃に流れ込む血管に沿ったリンパ節に転移があるが、胃の表面に出ずに、筋層または漿膜下層までの浸潤。

(B)

  • 胃に接したリンパ節に転移があり、胃の表面に出て、他臓器(結腸や膵臓)まで浸潤。
  • 胃に流れ込む血管に沿ったリンパ節に転移があり、漿膜を越えて胃の表面まで浸潤。

定型手術「胃3分の2以上(全部あるいは3分の2)切除」

 

胃の3分の2以上と近くのリンパ節を切除する治療。

 

治療費総額 1.961.378円

定型手術・再発予防薬物療法

 

胃の3分の2以上と胃の近くのリンパ節を切除後、再発予防目的で経口の抗がん剤を1年間服用する治療。

 

治療費総額 2.936.688円

拡大手術

 

胃の切除に加え、その周辺の臓器の一部も切除する治療。

 

治療費総額 2.330.300円

胃がん Ⅳ期ステージ 治療法と治療費

 進行度Ⅳ期 状態

 

  • 遠くのリンパ節に転移があるか、肝臓、肺、腹膜などに遠隔転移が認められる状態。

 

薬物治療

 

切除は行わず、経口抗がん剤と注射抗がん剤を同時に用いる治療。

 

治療費総額 2.833.610円

症状緩和のための手術

 

食べ物や水が通るように、胃の一部を切除したり、胃と腸を結びつける回路(バイパス)を作る手術。

 

治療費総額 912.988円

 

スポンサード リンク
page top